ものづくり&開発手法

ものづくり&開発手法

小さな実験を繰り返すリーン製品開発

トヨタ式リーン製品開発では、セットベース開発という小さな実験を繰り返しながら、未知のことを既知に変える学習サイクルを通して製品を開発していきます。わからないこと、チャレンジ技術、顧客の潜在ニーズ探索を学習しながら徐々に意思決定していくことで開発効率を高め、イノベーションの確率を高めます。
ものづくり&開発手法

モノづくりスペース設立への想い

世の中で技術者、エンジニアにもっと活躍して欲しい、という想いで今の仕事していて、次のステップでやりたいモノづくりスペースをベースにした技術者同士の交流、ノウハウや知識の伝承の場です。
ものづくり&開発手法

リーン製品開発とは

トヨタが実施しているリーン製品開発手法は、日本ではあまり注目されずに来た。トヨタ自身も特殊なことをしている意識がなかったこの手法について、2012年に「開発戦略は意思決定を遅らせろ」という本で日本に紹介されることになる。この手法の解説をグローバリング社がメールセミナーで配信している。
ものづくり&開発手法

ラズベリーパイで工作

あまり大きな声では言えないのですが、2016年1月に役定になってから約2か月間は、後任の部門長への引継ぎ以外はこれといった決まった仕事もなく、その間に実験室のようなところ(元部下たちが作ったモノづくりのための部屋)に籠って、電子工作をやりま...
タイトルとURLをコピーしました